春のアクセサリー展のお知らせ




c0149285_21261910.jpg
4月はアクセサリーの展示をしてもらうことになりました。
福島の郡山と東京2ヶ所です。
お近くの展示を覗いてみてください。
どうぞよろしくお願いいたします。

GALLERY観(福島 郡山) 
「クロマニヨン クロマー X 秋野ちひろ アクセサリー展」
4月14日(金)〜4月24日(月)
クロマニヨンさんのクロマーがとっても爽やかな色合い。。
初日はクロマニヨンのわかなさんがクロマーの巻き方レクチャーで盛り上がった模様。

galleryshop27 (目黒)
4月24日(月)〜29日(土)
ワイヤーアートの森田節子さん 
彫刻家の二ノ宮裕子さん 
ショップオーナーのボクゥさんの落書きトートと共に。


CLASKA GALLERY&SHOP “DO" 渋谷ヒカリエ店 
「春のブローチ展」
4/27(木)-5/14(日)
acou:さん
KIMIKO SUZUKIさん
山崎知佳さん
それぞれ異なった素材で作るすてきなブローチ達。





# by chi-colla | 2017-04-20 21:30 | お知らせ News | Comments(0)
ねこごはん
c0149285_231042100.jpg

今日は東京事変を聞きながら叩きました。リズムよく。
あの空気を一瞬で変えてしまう声が好きです。
完璧に作られたステージでの振る舞い方にもドキドキします。
その人が見せようとしている作り上げられた世界に心を揺さぶられたい。
意思を感じたい。
写真はある日の昼食風景。
自堕落。
お盆にすべてセットして 絨毯の上クッションによりかかり 猫の脇で。

# by chi-colla | 2017-03-30 23:17 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
石を拾う
c0149285_18505052.jpg
c0149285_1851799.jpg
c0149285_18512557.jpg
秘密にしたい旅がある。
行ったのはお正月6日。
展示の寸前過ぎて気が引けてインスタグラムにも上げられず。
きっかけは青森にまで石を拾いに行ったKくんの収穫物。
石をひろいに行くこと。
見せてくれた石の小さな色 透明感。
大きくないけど瑪瑙や琥珀など海岸で拾えるらしい。
ほしいと思わせる質感だったのはもちろん
この石を拾いたいとそれだけの思いで旅をすることが魅力的だなあと。
k君の完璧なアテンドにより 冬の大洗が実行され。
完全防備で 体の各所にホッカイロを仕込み
海岸沿いにあるレストランで海鮮定食を食べ
下の販売所でカップ酒も購入。
ついた海岸は人がほとんどいなくて 水色の小さな工場みたいな建物と海と空の青。
石を拾い 場所を変えずに浜に這いつくばって拾い 歩いて場所を変えながら拾い
水に濡れた石は 琥珀や瑪瑙や偉そうな石でなくとも すごくきれいなんです。
感動しながらどんどん拾うから 手のひらに石は増え 腰に下げた袋は重い。
わたしはあんまり石を拾うのが得意でないみたい。
あとから袋から出してひろげてみたら 夢が覚めたみたいにふつうの石ばかりだった。
透明感のないざらりとしたまん丸の石ばっかり入ってた。
びっくりした。えーあんなに感動して拾ったはずなのに!
狸に化かされたみたいな気分。
まあ 透明感のある石があっても ザラリとした丸い方をつい手に取ってしまっている結果なだけなんだけど。
他の2人の収穫物はとてもきれいだった。 
同じく初めて石を拾った友人A子も 透明感ある一個でも美しい石きちんと選んでた。
冷えた体に淹れてくれたドリップコーヒーがしみるー。
チキンラーメンもうまいぜ!
夕暮れの灯台。
疲れ切った体。
拾いすぎた石。
また拾おうね。
# by chi-colla | 2017-03-29 18:51 | 景色とつぶやき Scene | Comments(2)
展示が終わって
c0149285_21354443.jpg

QueenのSAVE ME 
歌詞をふと調べて泣きそうになる。
続けて追悼ライブでSAVE MEを完璧に歌うジョージ・マイケルを見る。
すごい。
2人がこの歌詞を歌うことにぐっと来てしまう。
買い物中のスーパーでは レミオロメンの3月9日を聴く。
いい声だ。いい詩だ。帰りのチャリもずっと口ずさむ。
 

製作期間中から心に波のある展示でした。
しかし他の方に比べたら小さな変化かもしれませんが 自分の中では大きく新しいところへ行けたようにも思います。
ただひとりで制作していてもそんなところへ行けるはずもなくて。
自分の作品を見てくださっている方たちの反応 その評価と自分の思いとのギャップ、そこから生まれてくる対話から生まれた気持ちが原動力でした。
展示前にそういう心の波を経験できたことが私にとってはすごくよかったのです。
これからもどんどん感じながら動いていきたい それを作品として出していきたいです。
お忙しい中見に来てくださった方 
おおきな心で見守ってくださった山内さん ほんとうにありがとうございました。
次の展示は名古屋で2店舗同時開催という予定が6月にあります。
小さなフェアはちょこちょこと。
どうぞよろしくお願いいたします。
# by chi-colla | 2017-03-28 21:37 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
ミモザの季節に 個展のお知らせ
c0149285_18204910.jpg

今回もまた カメラマンの平地さんが 光を捉えてくださった。
毎年一度この季節に展示をさせてもらっているGallerySUのお客さんに
見てもらえる喜びと緊張とありがたさと 猫のいとおしさ とともに
追い込みをしております。
自分の新しい窓を開けられるように。
自分が新しい景色を見続けるために。
ギャラリーの外ではミモザが咲いているかな。
どうぞよろしくお願いいたします。

New Window
秋野ちひろ個展
GallerySU
2017年3月11日〜26日(火曜休廊)
12:00〜19:00
# by chi-colla | 2017-03-07 18:27 | お知らせ News | Comments(0)
新年 展示のお知らせです
c0149285_22203081.jpg

織の濱野さんとの二人展が始まります。
私は オーナーの松原さんとのキーワードでもある作品 オブジェとアクセサリーの間のような大きめのブローチを制作します。
濱野さんのストールは さらに絵画的なスケールになっていることでしょう。
ドキドキしますね。
1年に1度 こうしてお二方に会えることが楽しみです。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

2017年1月26日〜31日
12:00〜18:30
器とcafe ひねもすのたり 
# by chi-colla | 2017-01-21 22:29 | お知らせ News | Comments(0)
そして冬
c0149285_01302447.png
c0149285_01305045.png
そしてじつは今福岡におりますが、明日2日からはPicnikaさんにて展示が始まります。
ご案内が遅くなりすみません。
ハンガリーやルーマニアのアンティークを扱うツル君のPicnikaは、物を探していた時にサイトから知りました。
わたしのなんとなく知っているフランスや日本やそういうものとは少し匂いが違って見たことのないものも多くて、新しさを感じました。
ゆるいシルエットや少し雑な素材感。選ぶもののハードさみたいなものがいいなあと思っていた。
その後なんとバイト先でご本人に会うことができて、サイト見たことあります!と突然言ったのでした。
展示しませんかと声をかけていただいた時、何よりもツル君の集めるものが好みだったので、やりますと即答してしまいました。
すぐにイメージが湧いてきてやりたいという気持ちが起きてきて、景色も少しみえるような。そういう時は悩むことはありません。やりたいので。
そう思わせてくれることがありがたいなあと思います。
今回、搬入して作品を持ち込んだとき、ツル君がディスプレイしながら「テンション上がってきました」といつものテンションと変わらず言った時(ツル君はわたしのようにあからさまにはしゃがないタイプ)本当にホッとして、まだ何も始まってないけど、これまでの緊張が緩んでうれしかったなあ。
この瞬間が醍醐味なのかもしれない。
搬入は幸せです。
と、とても長くなりましたがテーマは「金と黒」
ツル君の集める黒いものと、わたしの金色の真鍮がとてもいい感じにリズム出してます。
福岡なのですが東京の方にもあの部屋ごと見ていたけたらいいのに!
どうぞよろしくお願いいたします。

秋野ちひろ×Picnika
「金と黒」
12/2-13
Picnika


# by chi-colla | 2016-12-02 01:08 | Comments(0)
秋から冬
c0149285_01035553.jpg
わたしにしてはとても濃い時間の流れがありました。
今年は負荷をかけようという意思の結果、やはり無茶だったのかも、、と思いながらも1つづつの展示を乗り越えた感じです。
もっともっとすごい量を製作している人たちがいるので、えらいもんでもなんでもないですが、去年の自分よりは体に経験させられてよかったなと思いました。
秋は渋谷ヒカリエのCLASKAで2回目のフェアをやっていただきました。
前回は大好きな作家の渡邉紘子さんとのコラボで、とても楽しかった制作とは裏腹に、ショップ内でのディスプレイの難しさを初めて知りました。会期中に何度も展示方法を変え、それでもまだ掴めなかった、、。
お客さんも当たり前なのですが素通りの方がほとんどで、それにいちいちショックを受け。
そんな前回を経て、今回の搬入。
店長さんをはじめスタッフの皆さんが待ち構えるようにして迎えてくれたのが本当に嬉しくて。同じ場所に帰ってこれるありがたさを感じました。
わたしもバイトで接客をするので、笑顔でいることの大変さがわかります。
彼女たちの笑顔がわたしを支え盛り上げてくれました。
デザイナーの鎌田君が誘ってくれたカレンダー展も怒涛のうちに終わってしまいました。
企画段階から興味深くて、そうでなかったらきっと参加しなかったと思う。
結果はカレンダーらしからぬ、カレンダーと言う名の作品群が出来上がりました。
森田春菜さんと1年の半年分づつ月を担当して、それぞれの月ごとに自由にイメージして作品を作るという方法。
お題というには記号的な、でもだからこそ自由な庭で踊ることができて、わたしはほんとうにたのしかったなー。
作品1つ1つに添えるカード製作のため、味のある絵に起こしてくれたのもよかった。
興味が湧くかどうか、自分がやりたいと思えるかどうか、それが大事だと改めて思う。
お誘いいただき、やらせていただき、そしてみなさんが見に来てくださり、なんて幸せなんだろう。
ご案内ばかりでうるさくなってしまった一年でしたが、おつきあいいただいたみなさん、ありがとうございました。



# by chi-colla | 2016-12-02 00:46 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
イオグラフィック SHOP and GALLERYにて展示をさせていただきます。
c0149285_16391612.jpg
イオグラフィックのショップandギャラリーにてアクセサリーの展示が始まります。
大橋歩さんの作るもの ものを選ぶ視線の強さに以前からあこがれていました。
ご本人のキリッとした佇まいと笑顔に 心が引き締まりました。
ご縁があり 歩さんのブランド A.(エードット)の洋服とともにアクセサリーが約100点並びます。
先駆けて サイトでは3回に渡り特集して頂きました。
http://www.iog.co.jp/contents.html
田中真理子さんにまとまらない話をとても興味深そうに楽しく聞いてもらいました。田中真理子さん 独自の主観でわたしをつかんでくれ展開されています。それがとっても嬉しかったです。
そしてこの出会いを生んでくれた江上さん ありがとう!
残り2回は会期までにアップされます。
どうぞ覗いてください。よろしくお願いします。


秋野ちひろアクセサリー展
2016年 10月27日(木)〜11月1日(火)
12:00〜19:00
IO GRAPHIC
SHOP and GALLERY
すみません ブログの編集の仕方が変わってしまいリンクを貼る方法が今わかりませんでした。
「イオグラフィック」の検索で覗いてみてください。




# by chi-colla | 2016-10-12 16:51 | お知らせ News | Comments(0)
札幌CONTEXT-Sさんで個展をさせていただきます
c0149285_23525875.png
札幌のCONTEXT-Sさんで 個展をさせていただきます。
北海道の自然、植物への思いがぐぐぐと湧き 
まだ見ぬ植物をテーマに ブローチやオブジェを制作します。
どうぞよろしくお願いいたします。

私にとっての北海道は 17歳位の時 EZOROCKというフェスに行ったその1回きり。
メンバーが男友達と3人だったこと
うちの父に飛行場まで送ってもらったこと
初めての飛行機が怖すぎたこと 
フェスのあと札幌の公園で爆睡したこと
それ以外のことは全部忘れてしまった・・・・
なのにいい時間だったという感情だけは今も残ってる。

在廊は初日8日です。
オーナーの石神さんの明るいパワーのある空間で良い展示ができればと思います。
新鮮な感情もきっと感じられことでしょう。
遠い場所での展示はそれが楽しみなのです。
北海道の皆様  足を伸ばしてくださる方 どうぞ宜しくお願いします。


秋野ちひろ個展「植物と石」
2016年9月8日〜13日
12:00〜18:00
CONTEXT-S
# by chi-colla | 2016-08-30 00:05 | お知らせ News | Comments(0)