カテゴリ:オランダ Netherland( 10 )
オランダ旅日記 ・10     「忘れたくない 小さなお気に入り」
以前書いたオランダにいる友達は オランダでも有名なダンスカンパニーで衣装デザイナーをしている。彼女の友達であるカンパニーのダンサーの子がアメリカツアーに行っているのでお部屋を10日間借してもらった。1つのところにずっといられて住んでるみたいに生活できて本当にうれしかった。ワンルームで明るくて広くて気持ちよくて オランダの部屋といえば私たちにとってはここ。ありがとう。
c0149285_15213831.jpg

どこかへでかけたら帰りは近所のスーパーAHアルバートハインへ行く。中規模サイズのチェーン店でふつうのスーパーだけど 地元の人になれたみたいな気分がして 毎日行くのが楽しみだった。野菜や肉さかなを夕飯用に ぶどうとオレンジとパンと 種類も豊富で安いハムとチーズは朝食用。毎日飲んでたビンに入ったスムージーはいろんな味があってきれいな色 キュウイもおすすめ。 
c0149285_15214959.jpg

アルバートハインの掲示板に張られてた猫を探す張り紙
c0149285_15294555.jpg

お世話になった自転車。最初はごつくて重くてブレーキもあんまり利かなくて慣れない だけど独特の乗り心地がやみつきになる。ばたばた音がしちゃうような古い自転車に乗ってる人もいっぱいいた。ハンドルとライトと荷台が無骨でかっこいい。
c0149285_15311341.jpg

c0149285_15331315.jpg

住んでた部屋のすぐ近所。毎日通勤のように通っていた道。
c0149285_1522169.jpg

店構えが好みだった。入らなかったけど。
c0149285_15271295.jpg
c0149285_15273559.jpg

自転車で行けないところは列車で行く。外見は鮮やかな青と黄色の二色の列車で二階建て。席はボックス席が多い。この車両は珍しく寝台列車みたいな内装でした。いつか外国の寝台列車乗りたいな。
c0149285_1534267.jpg
c0149285_15341710.jpg

駅にクロケットの自動販売機があります。お金を入れて小窓を開けて取り出します。窓の後ろで人が揚げて小窓に詰めるのです。オランダ人は平均身長がとても高いのでこうなります。
c0149285_15345942.jpg

コロッケの元祖らしい あつあつ 味はまさにクリームコロッケ!
c0149285_15351679.jpg

こちらが通常良く乗った列車のタイプ。好みのおじいちゃんだったので激写させていただきました。新聞に載っている数独を解いた後 持参の茶色いパンのサンドイッチをもぐもぐ。
c0149285_15465826.jpg



日本に帰ってきてふいにオランダで洗濯した洋服の匂いを嗅いだら オランダにいるときの匂いがそのままして きゅうんとなった。オランダにいるみたいだった。次海外のどこかへ行ったときはその国の洗剤を買ってこよう。帰ってきてももうしばらくその国に浸っていたいから。

列車の車窓から広い広いみどりのオランダ。
またねーオランダ!
c0149285_15482938.jpg

by chi-colla | 2009-04-30 15:24 | オランダ Netherland | Comments(0)
オランダ旅日記・9    「タイル天国」 デルフトタイル博物館
好評だったので デルフトのタイルおかわりです
ああきれいったらありゃしない      
c0149285_2253461.jpg

         むふふー
c0149285_2245746.jpg

         うふふー
c0149285_2249842.jpg

2人組が遊んでる絵のタイル
遊びは20種類くらいあって どれも真剣な表情・・・ 格好は結構まぬけなのに・・・
ずらっと並べられていたので じっくりじっくり見てしまう



「さあさ、おはいんなさい」
「はいってますよ」
c0149285_22532360.jpg

「ちょっとおまちなさいな」
c0149285_2254222.jpg

「もっとこいでー」
びよーんびよーん
c0149285_22541857.jpg

「あらよっと」
ごろりーーん
c0149285_22543510.jpg

「そっとね、そおっと頼むよ」
「わかってますってー」
c0149285_22545264.jpg

by chi-colla | 2009-04-29 22:53 | オランダ Netherland | Comments(0)
オランダ旅日記・8    「広くて大きな景色」 キンデルダイク        
「なんにもないよ~」と言われていたキンデルダイク
たしかに!でもそれが私達好みでありました。
早速、通常2時間コースのところ4時間に無理やり延長してもらって(倍払って)自転車をレンタル。
c0149285_177410.jpg

サイクリング&遊歩道沿いでは バイクにリヤカーをつけた新しい形の乗り物に道具を乗せたおっちゃんたちが釣りをしている。
おっちゃんのスマイルいただきました。
c0149285_17163792.jpg

この道がメインのサイクリングロード。ずっといくと風車も見えなくなって 牧草地が広がるばかり。
オランダのシロ。羊ですが。 
c0149285_17195263.jpg

乗馬が日常!
c0149285_17201344.jpg

おじさんに無理を言って四時間も借りてしまった手前 二時間かけてゆっくりと運河沿いを走る。
おやつも食べる。アメリカ人のおじさんに話しかけられる。鴨を見る。
もうさすがに帰ろうかと思って地図を見ると どうやらもっと内陸側の離れたところに もう二基あるようだ。
そこに行こう!時間はあるし!俄然テンションがあがるよ。
一度サイクリングロードから出て 一般道へ出る。怒られるんじゃなかろうかというくらいサイクリングロードから外れていく。しかしその先には こんな景色が 広がっていたよ!
c0149285_17553166.jpg

遠いからか観光客も誰もいない。道の脇には普通の住まいが。
c0149285_17574941.jpg

c0149285_189245.jpg

木と庭と家のすばらしいコンビネーション
絵のよう
c0149285_1832710.jpg

この道に入ってからあまりの景色のよさに無言になる二人。
振り返れば さっきまで運河沿いにあった水車が すすき越しに見えた。
c0149285_18124479.jpg

by chi-colla | 2009-04-28 18:12 | オランダ Netherland | Comments(0)
オランダ旅日記・7    「自転車で行きましょう」 デルフト
「デルフトまでチャリで行けるよ」
と彼女から聞いていた。
彼女とは 一年オランダに住むことになった私の友人。 オランダに行くきっかけをくれた人。
彼女の働く先のボスが毎日一時間かけてデルフトからハーグまで通っているらしい。実は私たちはこの何日か前に電車で一度デルフトには行っていて、でも徒歩では街の中心から離れられず お土産屋と普通のショップが立ち並び観光客がいっぱいのデルフトしか見れず負けた気分で帰ってきた。
なんだかくやしくて。デルフトの魅力を知らないまま終わるのが。
私たちなりのすごし方がしたいと思った。
彼女には「またデルフト行くの~」と少し笑われたけど でも駅にぽつんと降り立って中心から攻めるより もなんでもない地域から徐々にデルフトに近づくのっていいんじゃないかな~とそんな気がして わくわくした。
帽子代わりのハンカチを頭に巻き 途中で食べる甘いものと 小さなペットボトルに水。
地図や道は毎回彼にお任せしすぎですが その彼は地図によれば途中川沿いも通るだろうから わりと気分良く走れるかもと思っていたらしい。
いざ走ってみると・・・
すばらしいサイクリング道だった!
気持ちよすぎる~
c0149285_0191476.jpg
c0149285_0194979.jpg

川の両岸に緑がいっぱいで小さな家々がちょこちょこ並んでいる 
どこまでも明るい光
散歩している人 椅子を出してきて寝ている人
カヌーをこいでいる
ああ 正解だったね~
私たちは こうやってゆっくり楽しみたいんだね
道を少しそれると馬がいる牧場があった
c0149285_0201792.jpg

いい庭と車を持つ家もあった
デルフトに着く前に十分楽しめた
c0149285_0204370.jpg

元気にデルフトに到着
この前は見れなかった 旧教会と新教会
ステンドグラスのひかりが 石の床にころがる
石は磨耗して 面が丸い
c0149285_0211943.jpg

床に文字が彫られている
c0149285_0214186.jpg
c0149285_0215961.jpg

クロスの色が白い空間に映えていた
c0149285_022177.jpg

タイル博物館には私たちしかいなかった
教会も日本で言う寺巡りだからか おじいさんおばあさんがほとんどだったな
博物館のタイルはすばらしく見ごたえがあるものばかり
デルフト焼きに憧れる方ならたまらなーいでしょう
私達はたまらない派なので じっくりじっくり見て 撮影OKなのでゆっくりゆっくり写真を撮っていたら 館内の人が心配してそおっと様子を見に来た
                                
c0149285_023079.jpg

c0149285_124138.jpg

二度目でやっと いい気分になれた
ありがとう自転車!
by chi-colla | 2009-04-28 01:37 | オランダ Netherland | Comments(0)
オランダ旅日記・6    「家と船」
気になる物件をいくつか
c0149285_22343549.jpg
c0149285_22345350.jpg

c0149285_23283717.jpg

c0149285_2243968.jpg

c0149285_23293822.jpg

c0149285_22445926.jpg

c0149285_2312027.jpg

アムステルダムでは運河に船を停泊させて住んでいる
植木を置いたりポストがあったり 船の形はしているが 確かに家だったよ
c0149285_22552280.jpg
c0149285_2301222.jpg

そして都会おうち部門第一位物件はこちら
ブレているのは 撮影しようとした瞬間にこの家の二階にいるひとが見ていることに気付きびびってしまったからでした。
それにしてもー この木の塀が無色でありながら 白ペンキの四角い箱 塀の前には草が生えていてー
窓枠は水色ー るるるー
c0149285_23311919.jpg

by chi-colla | 2009-04-27 23:39 | オランダ Netherland | Comments(0)
オランダ旅日記・5    「おいしい温室」 デ・カス
シェフが温室を買い取り そこで育つおいしいハーブや野菜で料理しているレストラン
『デ ・カス』
エントランスは公園のようで 気持ちよい
c0149285_21493083.jpg

目も舌も 心をこめられたデザインに満足しました。
素材を生かすって そのままでいいわけではないと思う。
温室も野菜も ステキなレストランと料理に変身していて はーとか ふーとか 感嘆のため息ばかり出た。
そしてアルファー波が出たのだろうか 眠くなった。 
c0149285_21494896.jpg
c0149285_215151100.jpg
c0149285_21521548.jpg
c0149285_21523243.jpg

by chi-colla | 2009-04-27 22:03 | オランダ Netherland | Comments(0)
オランダ旅日記・4    「念願の植物園と動物園」 アムステルダム
観光っぽいところで行きたい場所は少なかったのだけど 植物園と動物園はチェックしてました。
アムステルダムは人も多くて旅慣れていない私たちには緊張感があります。 ここはゆったりとした空気が流れていて園内に入って心からほっとした。切符売り場で働いてたのはかわいいおばあちゃん。
c0149285_20485798.jpg

煉瓦で出来た温室。
背が低くこじんまりとしている。
ううう、いい質感です。中に入る前から温室だけの写真を何枚も撮る東洋人でした。
c0149285_20423529.jpg

ここは蝶の飼育用温室。
人間を怖がっていないので すごく近くをゆっくりと飛ぶ。
じっとりとあったかい室内で オレンジ色の蝶をたくさん見れた。
c0149285_20425456.jpg

サボテンもぎゅっと並べられて。
c0149285_20431998.jpg

そしてガーデン
タグがおしゃれ。
c0149285_20441126.jpg
c0149285_20444445.jpg
c0149285_2045423.jpg

園内で自由にすごす幸せな猫
c0149285_20452365.jpg


そして動物園にいる動物の中で一番好きなカバ!!
ううんかわいい!!やっぱり好きだー
粘土細工のような質感!!分厚いしわがなんともいえません!
天気が良すぎて日射病のようになりフラフラだった私ですが カバを見たとたんに元気になりました。カメラの充電が切れそうだったので他の動物は目で見るだけにして カバを中心に撮影。
c0149285_2057267.jpg

by chi-colla | 2009-04-27 21:25 | オランダ Netherland | Comments(0)
オランダ旅日記・3    「緑の公園」 デンハーグ
私たちが毎日利用していた デンハーグセントラル駅のすぐ隣は
こんなにすてきな森林公園になっていて鹿もいた。
c0149285_1918535.jpg

この道をずんずんいくと森になっていて緑が深い。
c0149285_19193725.jpg

だけどうっそうとはしていなくて乳母車を引いたママさんや犬の散歩の人たちも多くて遊歩道として親しまれているようで
もちろん 談笑激走チャリもいます
うわっ こんなかわいい花も咲いてるよ
絵本の中みたい
c0149285_19195727.jpg

私たちはチンタラ日本速度でしばらく走っているときれいな水辺に出た
c0149285_19251260.jpg

ここはどこなんでしょう
幸せな気持ちになる
by chi-colla | 2009-04-27 19:39 | オランダ Netherland | Comments(0)
オランダ旅日記・2    「そこは海だった」 スエフェニンゲンの海岸
慣れない道を走って
迷い
少しけんかのようなぴりぴりしたムードと疲れが混じって日も暮れてしまいそうだ・・・というときに目の前に現れたスエフェニンゲンの海
c0149285_18134470.jpg

見るのには絶好の時間帯だった
c0149285_18142660.jpg
c0149285_18153047.jpg

気まずかったのもあり しばらくそれぞれ別々に歩き 写真を撮っていたが
きれいな薄ピンクと水色の光の景色で疲れが吹き飛んだ。
海にあったゴミ箱の上にカメラを置いて この旅で初めて二人の写真を撮ってみた。
こんな光の中じゃ誰だって絵になる。
by chi-colla | 2009-04-27 18:35 | オランダ Netherland | Comments(0)
オランダ旅日記・1   「オランダで自転車に乗る」
c0149285_16564786.jpg

オランダはうわさのとおり自転車大国でした。
車道の一番右側が専用道路でみんなものすごい速さで乗っています。
一般の人なのにびゅんびゅんスピードを上げてスポーツ選手のよう。
楽しそうに話しながら並走しているのに早い。こっちは必死なのに抜かれていく。
おじさんも早い おばあさんも電動自転車じゃなくて大きなオランダチャリでぐいぐい行く。
乳製品を食べ あれだけ運動したらオランダ人みたいに大きくなるのではと思いました。 
c0149285_1658552.jpg
c0149285_173929.jpg

そんなオランダ人に負けないくらい私たちも毎日自転車生活。
小さな商店街を抜け小さな公園の前を抜け 大好きな見かけの本屋さんの前を通る。
c0149285_1743091.jpg

c0149285_17121130.jpg

十日間滞在したデンハーグをぐるぐるまわったり
スエフェニンゲンの海岸も ちょっと距離のあるデルフトまでも 自転車で。
慣れない道 標示 車道右側通行 にとまどいながらも 毎日走っていたら オランダの自転車生活が大好きになっていた。
目的地までの 家々や庭や道をちょっとそれると牛や羊のいる牧場に いちいちハッとして自転車を停めては写真を撮る。
車道なので段差もないから日本で乗る自転車とは違う疾走感と タイヤから伝わる道路の煉瓦の感触が今もよみがえる。 
by chi-colla | 2009-04-27 17:44 | オランダ Netherland | Comments(0)