カテゴリ:出かける Trip( 126 )
さつきとわたし
c0149285_2345057.jpg

あわあああ これはなんでしょう。
すてきなものに遭遇。
遠くから見つけた時には ずいぶん地味な催しに見えたのですが。
通りに入ってみたら さつきって!さつきって!すごいね!ひとり心のなかで連呼。
さつきがすごいというよりも こんな風に同じ方向に同じ大きさで咲くように躾けた愛好家の方々がすごい。
パキって なんどでも同じ笑い方できるモデルさんみたいでした。
さつきや盆栽に詳しいおじいちゃんが 若いカップルに話してるのが聞こえた。
それぞれ流派が違うのだから 賞を取っていなくても その鉢を腐しちゃいけない。
私すごく聞いてしまった。
そうだよね スポーツのようにルールがあるわけじゃないジャンルは
比べられないってことがほとんどだよね。うんうん。
後ろの薄水色の布と 簡易のトタン屋根 裸電球 そしてサーモンピンクの花
素材と色がたまらない。
この日洋服が上が薄紫 下がピンクの花柄だったので 色がリンクしている!と盆栽と一緒にそっと自画撮りをして帰宅。 
c0149285_2485594.jpg

by chi-colla | 2015-05-30 02:46 | 出かける Trip | Comments(0)
沼津の奇跡
c0149285_15234263.jpg
c0149285_1524319.jpg
c0149285_15252323.jpg
沼津の海について 堤防沿いを港に向かって歩く。
あれは なに?
大きな重機が鎮座している。
街で働く重機は見るけれど誰もいない夕暮れ 静かに佇む重機は見たことがない。
こうやって対面すると おっきいなあーーかっこいいなあー。
私も夫も金属専攻出身なもので わあわあ言いながらまるでアイドルを撮るかのように
下からなめ気味の構図 ちょっと引いてみたり 隣に並んでみたり
三人で自撮り!まで すべてやりきりました。
じっとり興奮の汗かいて重機を撮り終わったあと 後ろに積まれた大きなブロックに気づく。
金属をプレスしてできていて一辺が50センチ位ある。
一つだけでも強い物質感なのに 大量に積まれているパワー。
後で調べたところによると ここはリサイクルで集めた古クズをでプレスし船に載せ出荷する場所でした。
アートでもなんでもない場所・・・。
作品を作るって なんだろうね。
日が暮れるこの時間に来れたことがよかったなあ。
by chi-colla | 2015-05-20 15:25 | 出かける Trip | Comments(0)
5月旅月間 そして沼津へ
c0149285_22571490.jpg
c0149285_2303367.jpg

先日クレマチスの丘へ クリスティアーネレーア展を見に行った。
公園も展示もささっと見終わって あれどうしようずいぶん時間が余る。
宿に行くにも早過ぎる。
そうだ 海っぽい夕飯食べに行こう。と思い立ち
カフェのお姉さんに ここから海っぽいご飯食べに行くならどこですかと聞いてみる。
答えは沼津港。
ほほーう。それはいいねえ。
山から海へ。伊豆は豊かだ。
クレマチスの丘がある三島から沼津は電車ですぐだった。
目的地の沼津港までは歩きましょう。歩きましょう。
すっかりシャッター街になっている駅前通り。
開いている店もレトロな雰囲気で私にとってはいい景色がいっぱい。
大きな錆びた鉄のアーケード。
パステルな色合いの看板。
商店街を抜けて 千本松の隙間から空が見えた。
海が近いんだな。
堤防の階段を駆け上がると わーーー。
ちょうど夕暮れタイミングだった。
広がる薄ピンクとブルーの景色。
なんと海の隣には富士山が見えた。
そうここは静岡。でもそんな景色予想していなかったから美しすぎてびっくりして・・・
笑ってしまった。
c0149285_2375765.jpg

by chi-colla | 2015-05-19 23:01 | 出かける Trip | Comments(0)
東京旅行 オークラ編
c0149285_0115284.jpg

この景色が9月には見れなくなると聞いて 初めて伺いましたオークラホテル。
ま、間に合った・・。
このロビーはカフェなどは併設していないので ただ人を待つために時間が過ぎていく場所。
絨毯の足元。
広い間隔で置かれたラウンジチェア。
格子と障子で柔らかくなった光。
常連らしい外国のお客様とホテルスタッフの馴染んだやりとり。
着物のご婦人を写真で撮る旦那さん。
大きな枝ぶりの生花。
ずっとここで 行き交う人を見ていられるなーと思った。



c0149285_015166.jpg
館内を歩き回ると古いデザインがいっぱい。案内のタイポグラフィ、素材感。甘くない。

c0149285_021599.jpg
一枚一枚表情が違うタイルと花柄の絨毯。踊り場にて。
c0149285_0191014.jpg
ショッピングアーケードでガラス越しに見た エナメル彩のアンティークガラス。
c0149285_0124751.jpg

ロビーを見ること。
これは昼でも良かった。
しかしオーキッドルームだけは朝を見たかった。
お茶の時間じゃなくて朝。できるだけ早い時間。 
我が家からそれをしようとすると5時起きになってしまうので・・・宿泊。
念願叶ったよ!バンザイ東京旅行!
静かな時間から 朝打ち合わせの人などで賑わっていく時間まで。
空間が変化していくのを眺めながら噂のぶわんぶわんフレンチトースト食べました。




~お知らせ~
instagramなるもの始めました。
良かったら覗いてみてください。
akinomorning
by chi-colla | 2015-05-17 01:06 | 出かける Trip | Comments(2)
c0149285_1274868.jpg
DM用作品を届けるため山内さんと会う。
そのあと一緒にクートラス展の始まった松濤美術館へ。
クートラスの作品が皆に届く大事な機会。 
作品を守り広めてきた真理子さんや山内さんの強い思いが展示を支えている。
あの薄暗く居心地の良い空間でガッシュ作品を眺めていると 
後ろにあるたくさんの気持ちが透けてきて 心がぎゅんとした。
美術館スタッフのおばさまがすごく感動して真理子さんに「素晴らしい作品ですね!」と伝えていた。
展示にあわせて出された作品集がとてもよかった。
NADiffの店頭にバサッと積まれたきれいな色の紙の束。
硬い表紙も背表紙もなくて ドローイングを集めて紐で閉じたみたいな雰囲気。
以前仕事場に真理子さんがいらしていた時
さまざまな大きさのいろんな紙に描かれたドローイングを見せていただいた。
大きなカルトンにバサバサと挟まっている様子が美しくて
額装されていない魅力があった。
それを見た時の感動が蘇る。
ドローイングがここにある みたいな装幀。
出版するのにむずかしさもあるのかもしれない。
困難を超えさせる 良さを伝えたいんだ!いう思いがこのデザインを生み出していると思った。
見終わったら自分にすごく力が湧いているのを感じた。




 
by chi-colla | 2015-02-11 12:08 | 出かける Trip | Comments(2)
葛西臨海公園
マグロがどんどんいなくなってるうわさの水族館・・・
デートスポットとして有名な・・・
いやいやいや 
すごいものあるよ あそこには。
夕暮れベストタイミングの観覧車まで時間を潰そうと歩いていたら
あれはなに?道の先に見える透明の箱。
c0149285_23582179.jpg

近づくにつれてテンションが上がっていく。
c0149285_23585052.jpg
c0149285_002562.jpg

c0149285_13474287.jpg
ああこれは たまらない。
その先に見えたのは 草と東京湾だった。
c0149285_012173.jpg

建物までのすばらしい距離感。
殺風景なこの場所を 神様の目線で切り取る。
ここでしかできないこと。
建築家をふと調べてみたら 大興奮の豊田市美術館をデザインした方だとわかり
はああ納得。
谷口吉生さん こころからうっとりです。
by chi-colla | 2015-02-08 23:42 | 出かける Trip | Comments(0)
トーベ・ヤンソン展
c0149285_22184835.jpg
油絵でかかれた自画像の載ったチラシ 見た瞬間に絶対行きたいと思った。
ほんとうは絵描きとして有名になりたかった彼女の油絵。
豊かな色で どれも欲しくなるものばかり。
ゆっくり見る。
ムーミンの挿絵の美しさを知る。
世に広まっているのは いろんな方にデザインされグッズ化されたキャラクターとしてのムーミン。
彼女の描く自然描写 夢あふれる色の森や谷 荒れ狂う海や 広大なスケール。
そういうものは全部省かれてしまっていたんだなあと わかる。
戦争が始まって 心が病んでしまいそうになった時
自分の心を支えるために ムーミンのストーリーを生み出し始めたそう。
自分たちが住み始めたフィンランドの小さな島の景色も ムーミンの挿絵に存分に生かされていると思った。
入って行きたくなるような森に存在しているやわらかい彼らを愛おしく見つめる。
ムーミン 美しいです。
 
by chi-colla | 2014-11-03 22:23 | 出かける Trip | Comments(0)
伊豆ナイト
c0149285_123612.jpg
いろいろたいへんなことがあったけれど 無事に終わった搬入。
支えてくれてありがとう。
感謝で胸いっぱいでした。
私打ち上げ間に合わないかも・・・と思ったので
皆で飲んだビールが 心に染みこんでいく。
選んでくれたお店が ベストチョイスでした。
三島駅にある 「大しま」。
まず おばちゃんのすなおな接客が好印象。
多めに頼むと「それじゃあ多すぎるから2つでいいわよ」
「あのメニューは しょっぱいから」
聞いていて ふふふ と笑みが溢れる。
箸袋に描いてあったその土地の歌 ママさんすぐに歌ってくれた。
ママさんの描いた日本画が 店内に何枚もでんでーんと飾られている。
伊豆で知り合いの方が仕留めた鹿も 剥製になっておりました。
by chi-colla | 2014-08-27 12:04 | 出かける Trip | Comments(0)
おすすめ
c0149285_2011841.jpg

伊豆長岡へ行く時に三島駅を経由される方。
改札外と新幹線乗り場にあるお弁当屋さん 「桃中軒」のアジ鮨弁当を買って下さい。
生わさびとおろし器がついてきて 三種のアジ鮨入ってます。
暑い夏もパクパクすすみます。
アジ鮨以外もおいしいらしいですよ。
そしてギャラリーに着きましたら カフェでアイスコーヒーを飲んで下さい。
頼まれてから豆を挽いて淹れてくれるセイコさん。
コーヒーに合うお菓子もこだわりが。
カフェの棟は本がいっぱいあって薄暗くって住みたいくらい。
写真は三島駅外で行われていた太鼓。
メインの太鼓を 大人ではなく中学生くらいの男子が叩いていて
とてもうまくて生き生きとしていて 輝く感じに一瞬で心をつかまれ 涙出た。
by chi-colla | 2014-08-25 20:25 | 出かける Trip | Comments(2)
伊豆 2
c0149285_19473577.jpg

ノアールの平井さんご夫婦に連れられて 伊豆の山の中にあるYさん邸へ。
おいしい伊豆野菜をタジン鍋で。
ワインとみなさんのおみやげのおいしいパン。
話は尽きず まだチェックインしてなかったホテルをキャンセルして私だけ泊まらせていただくことに。
みんなが帰ったあと Yさんのデジカメに入っていたある写真を見せてもらったのがきっかけで 話が盛り上がり気づいたら2時。
明日は搬入でした おやすみなさい。
朝ひとりで起きて 周りを散歩。
緑がしめってるいいにおい。
二人で話をしながらゆっくり朝ごはんを食べた。
Yさんの話は映画のようで
その時のこと思い出すと 聞いただけなのに頭に映像が浮かぶ。
by chi-colla | 2014-08-25 20:04 | 出かける Trip | Comments(0)