<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
埼玉の庭木
えー本日は 住んでいるところからは若干離れて、初めて降り立った土地での撮影です。

でもしっかり埼玉県内です。

撮影するつもりはなく歩いてたのですが 今日はすばらしかった。

いいもの見ました。

ちょっと土地が変わると 庭木も雰囲気がすこし変わっていくのが わかっていただけますでしょうか。


今日1日の 収穫をどうぞごらんください。




直方体でもなく 立方体でもない かたまり型
c0149285_201593.jpg

きれいなブルーの家の前に 自由な おおらかな立体が浮かんでいました。

90度とか 水平垂直とか 関係なく出来た形は より塊感を感じさせてくれます。

この街の ファーストショットです。

いい庭木に出会った瞬間です。




うわあ 出たあっっ!!型
c0149285_2021676.jpg

おっきな緑の人でした。

柵 またいでます。

木の精霊がキャラクター化される一歩手前の形です。

家守ってくれそう。




30分で食べ切れたらタダ型
c0149285_2023521.jpg

おいしいクリームみつ豆を出していた店がありました。

大食いの流行に乗って10人前のジャンボクリーム作ってみましたよ!

いっぱい いっぱい いろんな種類のアイスやらフルーツやら てんこ盛りです

はみだしちゃってますけど さあ たんと召し上がれ




標識です型
c0149285_2025872.jpg

車両は 左へお願いしマース お願いしマース お願いしマース・・・

あ 自転車の君はいいの!
右曲がっても!
どうぞ!

木というか もう 標識の顔してました。 



ああ 満腹 こんなに1日で出会えるなんて 。

ほかの街に比べて わが町は 刈り込みすぎってくらい刈り込みが激しいのだな・・・ と気づくことも出来て。


まだまだ 続きます
by chi-colla | 2008-08-29 20:52 | 庭木 Garden tree | Comments(0)
いとしい道具たち
先日、とても大事な道具たちを作ってきました。


場所は高尾の林の中。
友達の彼氏のアトリエに呼んでもらいました。。

きれいに並べられた道具たちが ずらっと。
いつでも来いと出番を待っている。

大学でだって見ないような 大きな機材もある。
既製品のように完璧さで彼が作った 作業台や 火を起こす炉。

大学以来やっていない 鉄を赤めてハンマーで叩いて形を作る この鍛造とよばれる作業。

熱い炉の温度も激しい肉体作業も 始め慣れず 食欲もなくなる。 



これが 作った 当て金というもの

木の台に差し この上で金属を叩く

作りたい形によって 何本も違うものを必要とする
c0149285_19473376.jpg

まっすぐな鉄の棒を コークスで炊いた火に入れて 赤く黄色くなるころ取り出し でっかい5キロハンマーを振りかざし 叩く 思い切り。
なかなか 形は変わってくれない。
そのうちに 鉄はすぐ冷えて硬くなる。
また 火に入れる。

いい温度に 黄色くなるくらいまで熱くなった鉄は 硬いときには想像できないくらい 力をこめてたたくと ドゴッ ドゴッと変形していく。

やわらかい と思う。
あんなに硬いものが 自分の力くらいで へこんだり 曲がったりする。

硬くてやわらかい この感触が 大学時代も好きだったなあ。

ただの角鋼材が あるものは先を細め あるものは平たく 曲がりを持ったものもあり となるまで 叩き続け 日が暮れました。

作業着は びっしょり 顔は薄黒く 
次の日は 両腕がガンダムの腕になったかというくらい 重かったです。



これは 夢にまで見た 荒らし鎚です。
金属に いいテクスチャーを つけるための物
ずうっと欲しかったの!
c0149285_19475299.jpg

黄色くなるまで 赤めて 熱いうちに 硬い金属の角や 錆びたでこぼこの肌に打ち付けて作りました。
三本とも テクスチャーが違う。
出来上がって うっとりしてしまい 作業の後半だったのに 疲れが吹っ飛んだ!!



高尾から帰ってきても 日常から離れすぎて 夢か現実化という感じでした。体もふわふわ。

しかし確かなのは 持ち帰ってきた 重いわが子たち。


そして今日当て金仕上がりました。助けてもらいました。

荒らし鎚も柄をやっとすげました。 うれしい。 出来た。




今回誘ってくれた友達 そして場所と道具と教えを惜しみなく分けてくれた友達の彼氏 即戦力になることを引き受けてくれた彼氏 いっしょに作業してくれた金属が大好きなみんなに感謝します。


大事にします ありがとう

 
by chi-colla | 2008-08-28 20:51 | 作品 Work | Comments(0)