<   2012年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧
with Freddie
c0149285_17352923.jpg





c0149285_17362542.jpg






c0149285_17381063.jpg

個展などではオブジェとしてこのかけらのままバラバラと並べ お買い上げの方に合わせてブローチやペンダントに仕上げます。
お店に置いてもらう時は アクセサリーに仕上げたものを納品することが多いです。
最近はQUEENメドレーをyoutubeで流しながら。
前向きに叩けますよ。
ふつうじゃない気持ち悪い動きなのに なんであんなにかっこよく見えるんだろう フレディ。
そして曲がどれも いい!
by chi-colla | 2012-11-29 17:48 | 作品 Work | Comments(0)
納品しました
c0149285_1256524.jpg
ブローチ ピアス ペンダントなど どどどと納品させていただきました。
といってもそんなに量は多くないですが
お近くにお寄りの際には 見ていただけたらありがたいです。

金沢  LINE
つくば Shingoster LIVING
渋谷  クラスカ ギャラリー&ショップDO 渋谷ヒカリエ
恵比寿 Farmer's Table
by chi-colla | 2012-11-29 13:04 | お取扱店 Store | Comments(0)
シャボンの妖精
c0149285_024035.jpg
大きな大きな 直径7、80センチくらいのシャボン玉を代々木公園で飛ばす人。
棒の先につけたロープを石鹸水に浸して風下に立つ。
ふわっとロープの輪を広げたりすぼめたりすると 簡単に大きなシャボン玉ができる。
遠くから見ていたのだけどたまらず近づき写真を撮る。
そして 「やってみますか」と言われる。
喜んで実践。
大きいシャボン玉は 作るときにぶわんとした感触がある。
ロープから離れたシャボン玉が ぶかっこうな形からブワブワと形を歪ませながら 球に近づいていく。
透明な球体が紅葉した林をバックにゆっくり飛んでいくのは素晴らしい光景だった。
時々 代々木公園にいらっしゃるそう。
食器用洗剤を薄めたものに はちみつを混ぜると良いらしい。
by chi-colla | 2012-11-29 00:03 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
栗あん
c0149285_1314958.jpg

栗のあんをいただいた。
瓶詰め。TORAYA。おしゃれ。
「あんこは旦那さんが作ると思ったから 栗にしたの」と。
夫のあんこブームはひととおり終わりましたとお伝えして 栗あんありがたく受け取る。
一番の食べ方は あの最中の皮にバニラアイスと栗あんを乗せて挟むのだ!
それは目が覚めるおいしさです。んふーーーー。
ごちそうさまでした。
by chi-colla | 2012-11-28 01:37 | 景色とつぶやき Scene | Comments(2)
ノマドのラグ展
c0149285_311883.jpg

平織りがキリム 毛足が長い絨毯状のものがギャッベ。
仕事場で すてーきキリムは見たことがあるのだけど 
すてきギャッベは今回FUCHISOさんで初めて知ってしまった・・・。
あったかいんだなー。
広げてもらって転がって撫でて あああー欲しいー と言いながら名残惜しく帰宅。
お金を貯めて買いたいものリストに追加されました。
キリムでもギャッベでも 自由に任せられて作っているものは 途中から明らかに編みパターンが変化していたり 色が足りなくなったのか急に違う色になったり 突然かわいい模様がひょこっと編まれていたりする。
規格通り作らされているものにはない いとおしい作り手の味というかしるしみたいなものを感じると一気にその織られたものが可愛く思える。
全部同じではないこと。
その時の気持ちを編みこんでいくこと。
大事なことこういうものから学んでいる。

FUCHISO
by chi-colla | 2012-11-27 03:23 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
まちのシューレ963 「赤木智子の生活道具展」
c0149285_15315411.jpg
高松のまちのシューレ963で「赤木智子生活道具展」が開催されます。
それに合わせまして金属のかけらをペンダントとして出させていただきました。
沖縄 高知に続き 3回目の出店です。
お声をかけていただきうれしい!です。
智子さんが実際に使われているものたち が一同に集まりお買い求めいただけます。
そして場所は高松。いいなー行きたいなあー。
12月9日までです。
よろしくお願いいたします。

まちのシューレ963
by chi-colla | 2012-11-24 15:32 | お知らせ News | Comments(4)
愛子さんの クッキー
c0149285_0445647.jpg

見て見て!宝物みたいなクッキー!
作家の沖さんの 古くからお知り合いであるおばあちゃま(エリザベス女王似らしい)より手作りの差し入れです。
実は一昨年の展示のときいただいています。
クラシックな形と丁寧な味に感動して 写真に撮ってわあわあ絶賛していた私の存在を
思い出してくださったそうで 今年もおすそわけいただきました!
お酒とスパイスがしっかりしみこんだドライフルーツのパウンドケーキもおいしい。
みっちりしていてうれしい重さ。
長年の経験からできている やさしくてきちんとしたお菓子なんですよねえ。
うっとり幸せな味をありがとうございました。
by chi-colla | 2012-11-20 01:08 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
セバスチアン
c0149285_2303112.jpg

かわいい 連れて帰りたい セバスチアン。
今仕事場で開催中の沖さんの展示にて。
セバスチアンは江戸時代東北生まれ。
今では絵馬になっているけど その昔はこんな立体の馬を奉納していたのだという。
紙とニカワを重ねて作った馬。リアル過ぎない少し略化されたシルエットが愛おしい。
沖さんがこの馬に出会い 背当てとリボンとマスクを仕立てた。
白い生地はただの生地ではなく 古いリネンにひと針ひと針 沖さんの手により糸で絵が刻まれている。
まさか自分がセバスチアンと名付けられる日が来るとは 思ってなかったろう!
こんな子がうちで待っていたらいいなあ。

DEE'S HALL
by chi-colla | 2012-11-18 02:56 | 景色とつぶやき Scene | Comments(4)
巻き付け
c0149285_1545279.jpg
必死ということに 心を打たれた。
年をとって いろいろ経験しても 自分のやることに慣れきらずに
ぎりぎりの表現をしていたい。と思いながら帰宅した。
SUで展示をしている丸山さんが ご自分で作られている裂 帯で巻き付けのパフォーマンスをした。
いつも優しい丸山さんが 大きな粘土を削いで立体を作るように女性に布を巻いていく。
反物が 美しいドレープを作り 影を作り いつもの着物とは違う新しい形が人の上にできていく。
巻かれている方もどんどん強く顔が変わっていく。
二人の間に柔らかい空気はない。
丸山さんの怖いくらいの意識の突き詰め方にこちらが泣きそうになる。
巻く方と巻かれる方の戦いのようだった。
真剣。とはこういうことか。

SU
by chi-colla | 2012-11-15 01:56 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
古道具、その行き先  坂田和實の40年
c0149285_2491947.jpg
仕事終わりに 坂田さんの展示を見に行く。
松濤美術館は 美術館という雰囲気ではない。
公共の建物と言うよりは どなたかの邸宅のような。
ちょっと薄暗い照明 ゴージャスな濃い色の木を使った内装 ふっかと足に感じる絨毯。
回廊を回ると ガラス越しに階下の中庭が見えたりする。
廊下の鏡に自分の姿が映る。
2階の展示室に入ると 作品よりも先に目に入る革張りのソファー。
ゆっくりと。
はしゃいでなくて落ち着く。
よい空間です。
心に残ったのは 木馬と蜂を集めるための道具。
とくに 蜂のための道具は見たことのない物で 籐で出来た太った塔状の立体。
ゆったりとしたいい形だった。
好みの形を見て感動した時に 心のなかでつぶやくひとことで多いのは
「ぼかんとしてていいなあ!」なんだけれど
木馬とあの蜂集め籠の3つの並びは まさにそうでした。
そして ああ立体つくろう! と思った。
来年の個展にむけて少しずつ心のなかで積み上げていく。
by chi-colla | 2012-11-14 02:51 | 出かける Trip | Comments(0)