<   2014年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧
白いばら
c0149285_19494985.jpg

きれいに育てられた 薔薇。
元は活版印刷屋さんだったお家で 雰囲気があっていつも見てしまう。
おしゃれでないが ちいさな地味な鉢にも目が行き届いているのがわかる。
by chi-colla | 2014-01-31 19:56 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
TEDさん
c0149285_14292369.jpg
DVD見たらすっかり虜。
ファンシーショップで ちょっと大きめのTEDぬいぐるみを見る度に
そっと近づき 手のひら部分にあるスイッチを押して しゃべらせて にんまり。
二体時間差でしゃべらせて 二人が喋ってるみたいにして またにんまり。
欲しい。
by chi-colla | 2014-01-30 14:29 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
お茶
c0149285_1425535.jpg
月に一回 お茶の時間をすごさせていただいている。
本当は お花や軸や道具を拝見し お食事や お酒をいただき その後にデザートとしていただくお茶。
全部正しく行うお茶事は全部で4,5時間かかるそうだ。
大きな流れのなかには 湯を沸かす釜のために炭に火をつける 炭手前というのもあって
炭をくべる順番や太さや大きさや組み方が決まっていると知る。
アメイジング!!
自分が外人のように感じる新鮮な感動。
お花や 軸や うつわや 物だけでなく 作法の動きでも世界を作ることができる。
その日先生と 先生の旦那さんに点てていただいたのだけど
もてなす方が変わると 空気も景色も変わるのがわかった。
そこは 同じ部屋なのに。
by chi-colla | 2014-01-30 14:25 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
大阪 メゾングランデール
c0149285_1219544.jpg
今年秋に予定している展示の会場を見せてもらいに 大阪のグランデールさんに会いに行く。
地下を降りると そこには博物館のような密度と荘厳さ。
アンティークショップ なんて軽々しく言えない強い世界が広がっていた。
見れば見るほど その奥へ世界が広がっていて見終わらない。
見たことがないものがたくさん。
ふんわり ちょっとすてきな 甘い という言葉はなく
自分の世界を泣きながら厳しく作っているのがよく分かる。
ひとつひとつ古いものにぐっときながら 椛山さんに声をかけていただいたことのありがたさ噛み締めて。
お店の奥に新しく出来た 白い空間は レジの方から小窓で覗けるようになっている。
頭のなかでわくわくが広がるのを感じる。
大きなスプーンと とても小さなテニスラケット 朽ちた枠とほどけかかっった紐の関係がすばらしくて購入。
もう1店舗 アンティークの手芸用品だけ扱う店もあり そこも手芸なのに甘くない。
1つずつ糸を編んでくるみボタンのようにつつんだもの。
たくさんの絹の糸の束。
豊かな毛皮のパーツ。
お二人の強い力を見せてもらい すっかり元気になって 帰りの新幹線へと急ぐ。

MAISON GRAIN D'AILE
お店の様子
by chi-colla | 2014-01-30 12:29 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
神戸
c0149285_11437100.jpg
神戸 初めての神戸。
ポンピドゥーコレクションが来ているということで 無理矢理一泊の旅。
そう 海があるんだよね。
美術館に着いてその奥にキラキラしているものを見て知る。
安藤さんの設計らしい 大きく岩が積み上げられたような建物。
中にいると落ち着く。
港っぽい海を見ながらパンを食べる。
展示では 天井までの大きな画面6面に 水中で薄い布をまとった女性が光や水と戯れる映像が永遠と映し出される作品 (ジャナイナ・チェッペ)が 圧巻。
ずうっといた。
先まで行って また戻って ずっと見てました。
私自身 小さなころから水泳を習っていたので 水中が好きでお風呂に息を止めながら沈んでいると落ち着く。
プールの水中から見上げる空や光がきれい。
自分の吐いた空気が きらきら登っていく。
そんなふうに水中の記憶には馴染みがあるからか ジャナイナチェッペの水の中で行われるた夢のような行為はすばらしく染みた。
自分の部屋に持って帰りたい。
by chi-colla | 2014-01-30 11:45 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
毛だらけの彼ら
c0149285_162245.jpg

向かってくる 
汚い大きな猫たち 
大好き
by chi-colla | 2014-01-30 10:24 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
ひねもすのたり あと一日
c0149285_23593360.jpg
私がお店におじゃまできるのは今日まで。
明日は最終日です。
たくさんのお客様に暖かく迎えて頂いて 感激の阿佐ヶ谷展でした。
来てくださった方ありがとうございました。
ひねもすのたりは 乳児を連れたお客様が息抜きに来たり 
ランチを楽しみにしているお友達連れ
週に2日のパン販売日を目指して来る方
お店が たくさんのお客様の日常に自然に組み込まれているのを感じて。
松原さんがいつも身につけて紹介していてくれたお陰で 初対面なのに「あなたが秋野さんなのねー」と前から知っててくれているように話しかけてもらい。
堅実な作業と自由で強い濱野さんの織りを見て 
制作のこと聞けば聞くほどうんうんと頷くところ すごいなと思うところがたくさんあった。
刺激と喜びと 今年とてもいい展示で始まれたこと松原さんに感謝したいです。
2014年 元気でました。
今年もがんばりまーす。
by chi-colla | 2014-01-29 00:03 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
搬入日
c0149285_01396.jpg
搬入してまいりました。
ぽぽぽと ちらばせてみたら 予定よりもっと置けそうということで
明日は オブジェも少しだけ追加して持って行くことに。
濱野さんの織り やっぱり素晴らしかった。
自然界にある色は 本当はすごく発色が良くて・・ 
夕焼けの中にある ぎらっとした色みたいなものが出せたら・・・
というようなことを 濱野さんの言葉で聞く。
よーくみると 濱野さんの糸もひとつひとつは鮮やかな色で
それが重なることで深い色になっている。
空の色が変化していくのを見守っているような。
光っぽいんだなあ。
ああ いいもの吸い込んだ。
松原さん すてきな企画をありがとうございます。
明日は一日作家在廊予定です。
暖かくなるようですので ぜひーー。
by chi-colla | 2014-01-25 00:15 | Comments(0)
ひねもすのたりサイズ
c0149285_17253734.jpg

明日からの ストールとブローチ展用に。
ひねもすのたりバージョン 少し大きめ。
by chi-colla | 2014-01-23 17:27 | 作品 Work | Comments(0)
グミ
c0149285_16461930.jpg
透明 熊の グミ
硬くて すきです。
by chi-colla | 2014-01-23 16:46 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)