<   2014年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧
イン・ザ・ルーム
c0149285_3533641.jpg


すごくきれいな写真は平地勲さんです。
見せていただいた写真の中から いままでよりすこーし明るい光の写真を選んだ。
毎年一回 春にさせていただいている SU展。
冬から春になる感じの光。
今回は FUCHISOさんにご協力いただき 古いものと私のものを 頭のなかにある部屋に並べるイメージで制作している。
私なりの夢見るインテリアを広げて行けたらと思う。
今からその景色を見るのが楽しみでしょうがない。
すてきな色の古いものと 私の金色がいい具合になるよう並べたい。
お時間ありましたらどうぞよろしくお願いいたします。

in the room 秋野ちひろ個展 
Gallery SUにて
2014年 3月8日〜22日

by chi-colla | 2014-02-28 04:15 | 作品 Work | Comments(0)
うーやん
c0149285_2384762.jpg

制作しながらも 彼との距離を縮めた。
き・れ・い。
by chi-colla | 2014-02-28 02:39 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
追い込み
c0149285_1537184.jpg
咲いた。
そうこのあまーいいい匂い。
思いだす季節。
震災の年 初めてヒヤシンスを買って育てたから
この匂いをかぐと ぶわっと蘇る。
ウッドストックくんに見守られ叩く。
もうよそよそしくない。
by chi-colla | 2014-02-27 15:37 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
彼とわたし
c0149285_2236405.jpg

今期の私を見守るヒヤシンス。
伸びてきたら 茎が黒い。
シルエットももっさりしてないのにもう花が開き始めた。
見慣れない見かけのせいか
まだ心から親しくなれていない気が。
彼の名前は ヒヤシンス・ウッドストック。
by chi-colla | 2014-02-26 22:39 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
オキーフの石
c0149285_2572950.jpg

小前さんのつぼ。
仕事場のDEE'S HALLにて。
つぼを並べていく小前さんを見ていて思い出したのが
年末に買った ジョージア・オキーフのアトリエを撮した写真集。
分厚い白い土の壁の部屋で座りこちらを見つめるオキーフ。
窓辺や 足元や テーブルの上に 石がゴロゴロと転がしてあるのがすごく良くって
こんな風にしたいなあと思っていた景色だった。
大らかで同じものが1個もなくて でも並べるとどれもがひびきあう。
この台ごと欲しい。 
by chi-colla | 2014-02-26 03:08 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
真央 ソチ フリー
c0149285_3212916.jpg

テレビがないので真央 ソチ フリーという検索で
YouTube画像を入手。
演技後30分位しか経ってないのに もう動画をアップしてくれた人に感謝。
画像が良すぎると 消去されてしまうらしく この画像ももれなく粗い。
真央さん 飛びまくったよ。
絶不調から 絶好調へ。
たった一日で 体と心に何を起こしたんだろう。
ドラマのような展開に持っていった 強い意志。
青い画面。
涙が。
 
by chi-colla | 2014-02-21 03:32 | Comments(0)
文旦 レモン 夏みかん
c0149285_23354220.jpg
いただいた文旦。
 バックにそのまま入れて帰宅したら
取り出すもの取り出すもの みんな柑橘のいー匂いになってる。
小学生の時の国語の教科書に載ってた物語
「これはレモンのにおいですか?」「いいえ 夏みかんですよ」の会話を思い出した。
あの 教材は いい。

白いぼうし
by chi-colla | 2014-02-19 23:35 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
住宅地で遭難
c0149285_2343127.jpg
あぶなかった。
あの大雪の深夜 ちょっとした思いつきで公園に行った。
雪のこんもり積もった木々を見ようと。
厳重装備で道に出ると いつもとは違う 東北のように白い景色。
雪に埋もれた街。
「関東じゃないみたいだねー」と言いながら歩く。
雪が深い。足を取られる。
一時間歩いてやっとついた公園は 雪でしなだれた木がいつもとは違う厳かな感じで立っていた。
風が強くなってきて ぼんやり公園で雪の景色を見るという感じでなくなってきたので帰ることに。
行きよりも断然雪も風も強く。
道にはたっぷり新しい雪。
最初は笑えていたんだけど。
30センチ積もった轍のない道 真横に吹き付ける雪の中歩く。
体力も精神力もあっという間になくなり。
吹雪で前に進めない 視界が狭い 全然進めない。
あれ わたしたち帰りつけるのかなあ。
住宅地 夫と二人恐怖感に襲われる。
家の近くなのに動けなくなって雪に埋もれてしまった親子のニュースを思い出す。
何度も休憩を取りながら 甘味を取りながら
ひざ下まで積もる雪を踏みしめて一歩一歩歩いた。
今思えば道をもっと逸れて 警察署に向かってそこで休憩すればよかった。
恐怖心からか 早く目的地に着きたくってそういうこと考えられなかった。
1時間半後 よく行く和菓子を買う小さなお店のあたりまで来た時ほっとしたー。
雪は怖い。
甘く見ていた。
深く反省。
by chi-colla | 2014-02-15 23:05 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
full of cats
c0149285_01463.jpg
八丁堀のプラグマタさんへ行く途中にある
猫だらけの お店。
ペットショップかと思いきや
成猫ばかりだし
なんだろう。
トリミングの店なのかなあ。
by chi-colla | 2014-02-11 00:22 | 景色とつぶやき Scene | Comments(2)
次の日
c0149285_17482921.jpg

だいぶお疲れなご様子で。
by chi-colla | 2014-02-09 17:53 | 作品 Work | Comments(0)