<   2014年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧
紘子さんの色
c0149285_2202733.jpg
c0149285_2211112.jpg

紘子さんが今回のために作ってくれた花。
茎は糸を巻き付けてできている。
花びらは 美しく透ける。
茎と 花と めしべ 色んな色の組み合わせの花を大量に預かり
一本一本自由に組んで金属と合わせていく。
その幸せたるや。
自由に生け花をする気分。
カラフルなもの マニッシュなもの ラブリーなもの ゴージャスなもの
その度に想像しながらいろんなバージョンを。
一本替えるだけで 印象は変る。
どんな組み合わせになっても紘子さんの色はシックで
組み上がる度に うわっかわいい!と興奮する。
最後のブローチを作るまで ずっと幸せな時間だった。
by chi-colla | 2014-11-28 02:35 | 作品 Work | Comments(0)
ルーシー!
c0149285_22313528.jpg
明日は搬入。
しかしまだ叩いている。
最後は追い込みといえばのミッシェルさんに助けてもらう。
曲聞くと ぐーっと入り込みすぎた気分も一発で上がるね。
人間て むずかしいようで簡単な。
スイッチはたくさんある。
by chi-colla | 2014-11-23 22:33 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
ビーフシチュー
c0149285_1458228.jpg
先日お世話になっている方のおうちにお呼ばれした。
美しい猫が家主に甘えているのを見ながらごはんを頂く。
おおきなかぶがこんがりと焼かれ生ハムと和えられたもの 
無花果のサラダなど  うっとりの野菜料理が続き
最後の締めとして出てきたビーフシチューがそれを超えてすばらしかった。
しかし初めて伺ったお家だったので その場でおいしい!どうしてこんなにおいしいの!といつもののりではしゃげず。
おおまかな作り方は聞けたのだけど細かい部分はうるさく聞けないまま帰宅する。
帰ってからもやっぱり 気になる。
御礼のメールにも あのおいしいビーフシチューが忘れられない とか 
焼いて漬け込むのか 漬け込んでから焼くのか などと言う文が混じってしまう。
察してくれたその方は レシピのメニューを添付して返してくれた。
そのメニューはS家に伝わるもので 新聞に載っていたレシピが元になっているらしい。
添付を開くと その新聞の切り抜きの画像がぱーんと画面に広がった。
古くて茶色く変色した でも大事にされているのがよく分かる切り抜きだった。
家族の間のつながり きらりとした大事なもがその切り抜きから透けて見えて
添付を開いてこんな幸せな気分になったことはない。
二日間かかるので まだシチューは作っていない、
でももうあの大事なレシピを知ってるって考えるだけで すごくいい気分。
by chi-colla | 2014-11-23 15:02 | 景色とつぶやき Scene | Comments(2)
パンケーキ ブルーベリーソース
c0149285_2142256.jpg

ぽつんと赤い光。
まるでアメリカのダイナーみたい!とはしゃぎましたが
実際のところは 近所のクリーニング屋。
by chi-colla | 2014-11-23 02:16 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
ヒカリエ用
c0149285_29840.jpg

夜な夜な 花と戯れている。
by chi-colla | 2014-11-23 02:10 | 作品 Work | Comments(0)
すてきみやげ
c0149285_13585910.jpg
来た!貝飴!
貝同盟の方からいただいた千葉海岸の老舗いさりび食堂 みやげの飴です。
「飴 今度渡すね」と言われてこんなに待ち遠しいことってあんまりないと思う。
袋から転がり出たこのすてきな造形物。
うん 貝だね これは。
リアルな貝の形していないし 色だってほんとうの貝とはちがうんだけど・・・。
でもどんな色を組み合わせて どんな質感にしたら貝らしくなるか。
この飴を作った方は 貝のことよーく知っている方に違いない。
もしくは子供の頃から自然に当たり前のように貝を見てきた方か・・・。
味は 砂糖味。
by chi-colla | 2014-11-19 13:59 | 景色とつぶやき Scene | Comments(3)
ゴッドファーザー
c0149285_13453022.jpg
そして冬のもう一つ。
松本のラボラトリオで「映画」をテーマにしたアクセサリー展に参加します。
私はゴットファーザーよりインスピレーションをもらって。
イタリアでマイケルと式を挙げた
アポロニアのブーケブローチ
店先で転がるオレンジのブローチ
馬の首ブローチ 
防弾チョッキに包まれていた魚ブローチ。
映画知っている方には血なまぐさいモチーフも敢えて使ってみます。
マフィアが好きなわけじゃないけど この映画は大好きです。
オープニングのキラキラとした結婚式のシーン 
薄暗い部屋 家族の食卓 乾いたイタリアの光 
あの曲とともにゆっくりとした大きな時間の流れが美しいです。

ラボラトリオ
11/26〜12/15
by chi-colla | 2014-11-18 22:35 | 景色とつぶやき Scene | Comments(1)
c0149285_2111352.jpg
25日から始まる渡邊紘子さんとの二人展に続き
来年1月濱野太郎さんとひねもすのたりでの二人展もいい具合に進行中。
DMを作るためイメージを 二人で通わせていく。
二人の作家が与えられたお題だけで同じ場所に向かうのはなかなか難しいと思うが
頭のなかにあるイメージを出し合いDMに編みこんでいくことで
共通ムードが出来上がる。
濱野さんが小説のようにサラリと書き出してくれた文。
私の頭にも グレイッシュな海を見つめるおじいさんが浮かんできた。
展示に関してもどんどん想像が広がっていく。
わくわくするなあ。
自分たちでお題を作ったことも とても大事だったと思う。 
ひとりでは見れない世界が ある。
by chi-colla | 2014-11-18 02:11 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
おばあちゃん
c0149285_23363582.jpg
その日は すっごく晴れて
タクシーで着いた時に 素敵な公園があるなあと思ったくらい
木々はきれいに紅葉していた。
15年ぶりに会ういとこやおじさんおばさん。
待っている間にみんなで食事をしていたら
毎年お正月にこのメンバーで宴をしていた時とおんなじ空気が流れた。
みんな15年歳をとったけど 役割 立ち回り方 変わらない。
おばあちゃんの声も聞こえてくるようだった。
ただひとつ違うのは 私お酒が飲めるようになった。
おばあちゃんを囲んで みんなでわいわい。
きれいなものが大好きで明るいユーモアが最後まで消えなかったおばあちゃん。
お棺の中にバラをあふれるように敷き詰めて
長男であるおじさんがお母さんへの感謝状を読んだ。
みんな拍手で「ありがとうー」と焼き場へと見送った。
色々なシーン おばあちゃんの明るい存在 心に刻まれた一日。
by chi-colla | 2014-11-16 23:47 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
キリム愛
c0149285_2361198.jpg

今期一番のお気に入り。
会期中はまるで自分のもののようにキリムを愛でている。
来たお客さんと「いいですよねえ〜」ってお気に入りのキリムを何枚も広げた上で
織りをなでる。じいっと見つめる。
それはそれはしあわせ。
時間も密度もかわいさもインテリア要素も全てを持っているキリムは
私の永遠のあこがれなのに 全然手が届かない。
欲しい一枚をきちんと買えるような状態にならなければと思った。悔しかった。
同じ世代の木工作家K氏と誓う。
大好きなキリムを何枚か重ねて敷くんだ!
by chi-colla | 2014-11-16 23:14 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)