<   2014年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
c0149285_02116100.jpg

突然熱が出た。
夫がさささとおかゆを作り リンゴを剥き
夫の両親がつきたてのお餅を届けてくれる。
噛むって大事だ。
一口ごとに 力が出る感じがした。
体の症状が収まると 展示直前のナイーブな感じと興奮とが混じって存在してるのがわかる。
久しぶりに体どこも痛くないフラットな状態を感じられた時
ああ幸せだなあって思う。
写真は紘子さんからのプレゼント 手作りのお飾り。
包みを開くと 愛がふんわりこぼれる。

相も変わらず未熟な私ですが まわりにいてくださるみなさま
今年も一年本当にお世話になりました。
ありがとうございました。
またたくさんの笑顔を一緒に作っていけたら嬉しいです。 
どうぞ体に気を付けてあたたかくゆったりと。
来年も良い年にしましょう。


この季節の大好きな曲。 
UNICORN雪が降る町お正月




 
by chi-colla | 2014-12-31 00:35 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
アードルフ爺さんの海辺の家
あと少しで今年も終わる。来年が来る。
終わりながらでもそれは始まりで。
自分のちっささと それと反するように未来の光と
それでも周りにいてくれる人たちのありがたさ感じた年末でした。
新年はなんと9日から濱野太郎さんとの二人展で始まります。
今年の頭にひねもすのたりの松原さんに引きあわせてもらって初めて二人展をしました。
今回は二人の中にあった 海辺に住むおじいさんというキーワードから作品を作ります。
c0149285_2335721.png


写真にあるストールはおじいさん愛用のものという設定。
ネックレスは おじいさんがお守りにしているもの。
ブローチは 妻の形見。
c0149285_23345844.png

メールでやりとりしながらイメージをふくらませていた時 
濱野さんが思いついたおじいさんのストーリーが だーっと長文で送られてきて
私はにんまりしました。
なんとなく画像で浮かんでいたものが 濱野さんの文で動き出したような。
濱野さんの中にある 濃いパワーを感じられた瞬間。
その濃さがいいなと思い 少しだけ文もDMに載せました。
お忙しいころかもしれませんが 新年のご予定に入れていただけたらありがたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

ひねもすのたり 器とcafe
by chi-colla | 2014-12-27 00:02 | お知らせ News | Comments(0)
こころ
c0149285_1615351.jpg

冷たい雨が降る日
SUで上田亜矢子さんの石を 
和光で伊藤敦子さんのジュエリーを見る。
柔らかいお二人だけど
強く静かにそしてやはり強く光っていて
わたしは どうなんだろう どうなりたいんだろうって 自問自答。
年明けの ひねもすのたりの二人展。
そして来年3月のSUの個展のために 新しい行き先を探る。
by chi-colla | 2014-12-21 16:21 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
展示のお知らせ
冬のアクセサリー展のお知らせです。
present 
le cinema
by chi-colla | 2014-12-15 14:17 | お知らせ News | Comments(0)
クリスマスまで
c0149285_1395544.jpg

閉店後に売り場のスペース移動。
壁アリの場所で 今までで一番思う通りに展示できたので
私も紘子さんもやっとほっとした気分。
いやあ お店での展示って奥が深い。
見てない方にも もう見た方にも今の状態を見ていただきたいなあというわがままな思いです。
さむいさむい毎日ですがお時間ありましたらどうぞよろしくお願いします。
by chi-colla | 2014-12-11 01:54 | 作品 Work | Comments(0)
MaruFactory
c0149285_2144489.jpg
c0149285_2153933.jpg
c0149285_2251282.jpg
c0149285_2332447.jpg
c0149285_2344780.jpg
着物地や帯を制作されている丸山正さんのお住まいとアトリエへおじゃましました。
今回もまた山内さんが素敵なコースを段取ってくれました。 
わたしたちはそれに甘えてポンと高速バスに乗り
松本からは木工作家の川合優さんが運転してくれる車に揺られて 
山の上のMaruFactoryに到着。
大きな日本家屋。
整えられた庭の隅に丸さんが帯を制作する時に使うローラー車(道を整備する時に使うあれです)が。
ガラリとドアを開けて進むと そこはただの日本家屋ではない。
襖が入るべきところに鉄とガラスでできた戸が嵌めこまれ
古いファクトリーライトがギラリと光る。
日本らしさと 男っぽいモダンさと。
手すりのない階段を上がると 作業途中の布たちが薄暗い部屋の真ん中に
オブジェのように積まれていた。
柔らかい光が そっと布たちに当たっているその景色。
みんな言葉もなくなって ばしゃばしゃ写真を撮った。
なんでこんなにきれいなんだろう?
ガラスの入った窓には紙が貼られ
屋根の瓦も光取りのため透明の瓦に変えられているところがあった。
光は全て丸さんによって絶妙な柔らかさに調節され 当たるべきところを照らす。
そっと入った光が 長い作業机に転がった目打ちに当たっている。 
それだけで映画のシーンのようだった。
庭に生えた木も 毎日整えられて目をかけられているのがわかる。
きれいに実のなった柿の木 実はあとから付けたんじゃないかっていうくらい完璧な樹形をしており。
はあ〜っていう感嘆の声を出し尽くし 火床のある居間に戻ると 
すてきな宴のセッティングがされていて
気持よく酔っ払った丸さんがおいしいお酒をついでくれました。
薄暗く 丸さんの意識が全てに行き届いている 柔らかい黒い空間。
帰りの車中も 家に帰ってきてからも 今も 忘れられないです。
by chi-colla | 2014-12-05 02:45 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
お腹
c0149285_23434443.jpg

今日会った彼女のお腹には赤ちゃんがいて
あと二ヶ月でうまれるという。
前よりも透明できれいになった顔と 大きく丸いお腹。
まだ見慣れない組み合わせ。
気持ちや体調に波がすごくあるのとは裏腹に
お腹の子は大きく元気に育っている。
心と身体が大変で 毎日が戦場と言ってた。
10ヶ月 心細い初めての日々を通り抜けていくんだなあ。
彼女の乗るタクシーを見送ってしばらくして
悩んだり気分が落ち込んだりそういうナイーブな感情も大事にしたいなと
ふと思う。
心に浮かぶすべての感情を守ってよいんだ と思えた。

元気な子が生まれますように。
by chi-colla | 2014-12-03 00:42 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
グレ行為
c0149285_2454283.jpg
夜な夜な パンをトーストし
バターをたっぷり乗せ
蜂蜜をかける
皿まで舐める
by chi-colla | 2014-12-02 02:43 | 景色とつぶやき Scene | Comments(0)
胸に咲く花
c0149285_18523935.jpg
日替わりでスタッフのみんなが付けてくれているので
今日はどれをつけてくれているか服との組み合わせを見るのが楽しみ。
つけるとまた色が一段といきいきしてくるのがわかる。
白だけも 地味かと思ったら地味じゃなかったなあ。
それにしても ショップのディスプレイの難しさである。
いつもの展示のように平置きするだけでは埋もれてしまって見えてこない。
搬入してみてそれにやっと気づいて 急遽パネルを作りに家へ戻る。
まずいことだけどやってみなければわからなかった。
まだディスプレイについては答えが見つかっていない。
急に他のディスプレイの仕方が目に入ってくる。
ああ すべてが階段状になり 物は立ち上がり 積まれている!!
知らなかったなあ。
ショップでの展示 販売について 知りたいことがたくさん。
by chi-colla | 2014-12-01 18:53 | 作品 Work | Comments(0)