真夏の大江戸骨董市
c0149285_1958981.jpg
7,8年ぶりくらいに 骨董市へ行く。
大江戸骨董市は 駅からも近く 日陰もあるし
コーヒースタンドもあるし 暑すぎたら冷房のある建物に逃げ込めばいいし
なんて便利なんだ!
まずは買ってきたおにぎりとおいなりさんをベンチで食べ腹ごしらえ。
学生の頃は ちゃんとした古いものは高くて買えないのと
材料としての古いものが欲しいのとで 見るのはジャンクなものばかりだった。
ゴミのようなものを ごそっと並べてるお店があると嬉しかったなあ。
錆びた部品とか 鉄がかご状になったものとか ガラスが嵌めこんである木の箱とか、
今考えると ほんとうにガラクタをずいぶん買いました。
実家に残してきて「あれは処分していいの?」と母親に聞かれるようなものたち・・・。
今はゴミのようなものを売っているおじさんはいなくて
おしゃれな品揃えの店もたくさん。
と そのおしゃれコーナーでfuchisoさんと遭遇。
お店でも気になっていたマグが安く出ている!早速買わせていただく。
写真は オイルボトルの蓋だけ売られていたもの。
クリスタル製。
転がっている姿がとってもきれいで3つ買ったらそこのお兄さんおまけしてくれた。
使えなくてもいい形のもの 使えないけど綺麗なもの。
そういうものが どうしてもやっぱりすきなんだなあ。
でも今回は実用のお皿やマグも買え ちょっと大人になれたのかしら自分・・・と思う。
by chi-colla | 2012-08-06 20:30 | 出かける Trip | Comments(0)
<< マイ ハチノス 生誕100年船田玉樹展 >>