名古屋ジャーニー6 ミュシカ
c0149285_22544613.jpg

カジタさんから 歩いて10秒。
北欧のアンティークを扱う ミュシカさんへ。
うつわhaseの浅井さん カジタさん 双方から「行くべし」と言われていたお店。
入るなり 広い。
都内ですてきなアンティークのお店というと 持っているカバンをぶつけそうな うっかり後ずさったら何か倒しそうな そんなイメージなので ゆったりとしていてちょっとびっくりする。
すてきなお店が広いって いいですね。
ひとつひとつ興味深いものばかりでなかなか前に進めない。
そして自分が持っていた北欧っていう甘いイメージがさらっと覆される。
アラビアだけど見たことのないお皿 見たことのない刺繍 見たことのない道具。
一緒にお店をやっている旦那様が北欧の方で 日本ではあまり扱われていない少し古い時代の物を買い付けているそう。
「北欧のものを扱っているっていうと なんだかほっこりしたイメージを持たれちゃうんです・・」
と笑っていらっしゃったけど そう ミュシカさんは決してほっこりしていません。
エッジーでした。
とってもうつくしい線を描いていた 額入りの植物標本を買う。
「また夏に絶対来ます」と約束をする。    

ミュシカ
by chi-colla | 2012-12-11 23:16 | 出かける Trip | Comments(0)
<< 名古屋ジャーニー 最終章 hase 名古屋ジャーニー5 コーヒーカジタ >>