ぶん太日記 2
c0149285_23534409.jpg
ぶん太がグイグイ家に入って来たおかげで、我が家は猫を飼うことになった。
トイレを用意した。プラスチックのトイレに砂を入れて、ハイここでやるんだよーとぶん太を抱いて砂の上に乗せたら、足を着地させた瞬間にしゃがみ、シャーーと用を足した。トイレトレーニングとかいらないんだ。びっくり。足の裏に砂を感じると用を足す機能が付いてるのかな。偉いねえと褒めた。
リビングで猫が寝ている。
晴れの日は光を浴びて、雨の日もこんこんと、
タオルをかけられてもそのままに、よく寝た。
同じ家の中で 小さな動物が安心しきって寝ているっていうのは、外でしか猫を見たことがない私には味わったこととのない体験で、ただ寝てるのを見るだけでじんわりあったかくなった。猫が部屋にいるなあ、、、猫のいる生活がこれから始まるんだーといちいち幸せな気分になった。
キャリーバッグを買ったら思いがけず小さくて笑った。ぶん太はまだ細身だがわりと大きな猫のようだ。新しいバッグが来たら病院へ連れて行こう。うちの子になるからね。お腹の中の虫やダニや血液検査をしてもらおう。
初めての病院は自転車で3分。バックに入れる前にクッションカバーやネットに入れると猫も比較的落ち着くし何かあっても逃げないとあったので、ぶん太を捕まえてチャックのあるクッションカバーに入れる。肩にバックを背負い自転車を漕ぎだす。不安でにゃあにゃあ鳴くぶん太。初めてのことで私たちもぶん太と同じように緊張している。一階建てで広い敷地にある病院は明るかった。受付の人も丁寧で優しい。待合スペースには動物を連れた人たちがいて、どの子もお年寄りだったり病気だったりするからか、比較的おとなしい。そしてボサボサだったり年取っていたりしてどの子もかわいい。名前を呼ばれて初めての診察。少し前にやっていた駆虫が効いていたのかお腹に虫はいなかった。一応血液検査をしてほしいとお願いする。後ろ足に針を刺し注射器で血液を採る。見守る。裏に検査に行ったお医者さんが戻って来て、申し訳なさそうに結果を教えてくれた。ぶん太は猫エイズと猫白血病にかかっていた。
野良猫だからどちらかはかかっているかもなあと思って私も夫も随分ネットで調べていたので、2つの病気がどういうものなのか知っていた。
飼うことさえ想像していなかった2週間前。家に猫が入ってこの動物とずっと一緒にいるんだなあと想像し始めたこの1週間。そして今、一緒にいられるのは思っているより短い時間かも、、と思う。
発症はまだしてないし頑張りますと、先生の前では笑っていたのだけど、病院から出てから涙が止まらなかった。
永遠のように思っていた時間だけど、すぐそこに期限があるように感じて、それから3日間何かのきっかけがあるたびに泣いた。
泣きつくして、この猫と限られた時間を楽しく過ごすだけだとやっと気持ちを落ち着ける。その頃ちょうど聞いていたnever Young beachの「明るい未来」という曲にとてもハマる。明るい未来、という言葉に泣けた。









by chi-colla | 2017-09-14 17:03
<< ブレードランナーという物語 ぶん太日記 1 >>